メインイメージ画像

包茎の基本治療

実を言うと仮性包茎を改善させる為の基本的なことを知っていれば、自分での治療も不可能ではないのです。仮性包茎には剥き癖をつけるということが何といっても大事です。方法はとてもシンプル。亀頭を包皮の中から出しておくことを心に留めるということなのです。

  • 包茎治療を考える
  • 露呈させた状態を保ち、下着を穿いて、包皮に剥き癖をつけてあげてください。最初は亀頭が肌着に当たる刺激により痛みが酷いですが、そこは気力で我慢し、痛みに耐性をつけましょう。腰を据えて続けられれば段々に改善されるはずです。ナチュラルピーリング法とと呼ばれる、切らずに済む包茎手術があると言う事を知っていますか?多くは軽度と言われる仮性包茎に人へ施す包茎手術なのです。

  • 真性包茎の治療について 真性包茎の手術をしようと考えている23才です。- Yahoo!知恵袋
  • メスを使わないので痛み等は無いに等しく身体への負担も僅かで済み、傷が残ることもありません。それじゃあ、どんな風な治療法かと言うと、包皮を後退させ、そのままの状態を継続できるよう包皮の数箇所を縫い付けて剥き癖をつけてあげる手術です。けれども、剥き癖がつかず元通りに戻る恐れもあります。比較的手軽な手術とは言え、デメリットも思案して決めましょう。

    どんな手術を行うとしても、危険はあるでしょう。包茎の施術も当然、危険は付き纏います。真性包茎やカントン包茎でしたら、ほっとくとすれば、生活に支障が生じる可能性も考えられるため呑気なことを言う事はできませんが、仮性包茎なのでしたら、手術の必要性が無いと言う事が多いと思います。手術をしたい男の人の多くが、引け目を感じているということからくるものではないですか?包茎手術の危険性を上げれば、手術を担当する医師によっては大きく傷跡が残り、勃起しずらくなったり、手術の後痛みが全然引かなかったりと、いろんな実例が報告されているとのことです。